【神戸新聞杯2017】過去傾向からみる軸馬

 

神戸新聞杯2017

 

こんばんは、

今週の競馬予想の管理人です。

今週の重賞レースは

神戸新聞杯2017

 

過去の神戸新聞杯ではどんな馬が

勝ちやすいのかを確認できます。

 

神戸新聞杯で勝ちやすい馬 その1

東京優駿(ダービー)の実績が重要

神戸新聞杯で馬券になりやすい傾向として

東京優駿が活躍した馬は特に馬券になることが

おおいレースなので、ダービーでいい競馬が

できた馬は重要です。

 

神戸新聞杯で勝ちやすい馬 その2

終盤での上がり速度が重要

過去神戸新聞杯のレースを振り返ると

上がりを使えるが馬券になることが

多いので注意が必要です。

 

 

神戸新聞杯で勝ちやすい馬 その3

差し馬が吉

こちらも過去のレースを振りかえってみると

阪神2400mということもあってか差し馬

傾向が非常に高いです。

 

 

神戸新聞杯で勝ちやすい馬 その4

人気馬の信頼度が高いレース

他のレースに比べても人気馬が馬券に

なることが高いレースなのでシンプル

に人気馬を絡めた馬券を買っておこう。

 

特に重要になってくるのはこの4つの項目

です。続いては・・・

軸馬の考察です。

 

神戸新聞杯2017 軸馬候補

 

レイデオロ

着差をつけるタイプではありませんが、皐月賞

以外は圧勝していることと上がりが使える馬で

上位人気の必死馬。2400mでも十分に馬券に

なりそうです。

 

マイスタイル

極端に遅い、スローペースな展開になった場合

はそのまま残るかもしれませんね。

上がりの使える馬ではないですが展開次第では

押し切ることも予想できます。軸には向かない

かもしれません。

 

ダンビュライト

勝ち切ることはできていませんがしぶとく走って

大きく崩れることがない馬です。武騎手も権利

どりを狙ってくるので本気で騎乗してくることを

考えるとおもしろい一頭と予想します。

 

サトノアーサー

安定した速い上がりを使えるサトノアーサー

ダービーでは展開が向かずに10着という

結果に終わりました。もしかしたらちょっと

距離適性は低いかもしれません。

 

ベストアプローチ

距離適性も高いし、上がりも使える馬で

適正値は高そうな馬です。

 

今のところ、軸馬候補はこの馬たちになるのかな

と考えています。

 

軸馬と穴馬に関してはランキングで発表しています。

この馬 人気ブログランキングへ